プールでのウォーキング

ウォーキングダイエットを始めて、いちばん気持ちがさめるのが雨の日です。

傘を差して歩くわけにもいかず、合羽を着てまで歩く気にもなれません。こんな日はどうすればいいのか、迷うところです。


腰痛持ちの私は、整形外科の先生にプールを勧められたことがありました。

腰に負担が少ないので腰をそらす泳ぎさえしなければいい運動になると言われ、何度か行きました。

最近では、冬でも温水プールとしてやっているので1年中泳げるのです。

その当時は、ダイエットというより運動不足解消のために行っていました。

泳いだり、歩いたりと2時間程度の運動をしていました。


そんな記憶もあり、プールでウォーキングはどうだろうと思いつきました。

以外にも季節に関係なく利用している人は多く、特に年配者が多く、運動不足解消かダイエットなのか理由は分かりませんが、歩いたり泳いでいたりとさまざまな方がいました。


泳いでも良かったのですが、あまり得意ではないので時間をかけて歩くことにしました。

年配者ばかりで少し抵抗がありましたが、ダイエットと言う目標目指して歩きました。

大きく手を振ってみたり、足を高く上げてみたり、後ろ向きにも歩きました。

自由に体を動かせる、それがプールの利点でしょうか。

プールから出ると、どっと疲れがきますが、後に体は軽くなったような感じはありましたが、思ったほどの体重の変化は見られませんでした。


プールではやはり泳ぐ方が体力を使うのでカロリー消費が多く、ダイエットには効果があるように思いました。
 
 
プールでのウォーキングはダイエットだけを考えれば泳ぐ方がよいのかもしれません。

しかし、私のように膝や腰に少し不安がある方は、無理をして泳ぐよりもウォーキングをして、体を動かせればよいのではないのでしょうか。

もちろん、泳いだり歩いたりを繰り返すのも自由ですが、自分の体調にあった使い方をすればよいと思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。